2012年2月29日

ハッピー・ゴー・ラッキー

B006AY6OUU ハッピー・ゴー・ラッキー [DVD]
アメイジングD.C. 2012-03-02

by G-Tools

監督:マイク・リー
脚本:マイク・リー
出演:サリー・ホーキンスエディ・マーサン
公開:2007年
製作:イギリス

空気が読めない人の所作って万国共通なのかな〜って思わせる映画。
主人公の空気が読めないって感じは理解できるんだけど、見ていてずっとイライラさせられてしまった。

2012年2月28日

かぞくはじめました

B004U4QVKA かぞくはじめました Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-07-20

by G-Tools

監督:グレッグ・バーランティ
脚本:イアン・ダイッチマンクリスティン・ラスク・ロビンソン
出演:キャサリン・ハイグルジョシュ・デュアメル
公開:2010年
製作:アメリカ

今はもうやっていないSHOW BIZ COUNTDOWNでよく見ていたんだけど、とうとう未公開だった本作品。
見てみたけど、なるほど未公開になるわけだ。
だっておもしろくなかったもん。
「かぞくはじめました」ってタイトルもひどすぎ。

2012年2月27日

コピーキャット

B00005FPMH コピーキャット [DVD]
日本ヘラルド映画(PCH) 1999-03-17

by G-Tools

監督:ジョン・アミエル
脚本:アン・ビダーマンデヴィッド・マドセン
出演:シガーニー・ウィーヴァーホリー・ハンター
公開:1995年
製作:アメリカ

プロファイリングが一般的に認知されてドラマでいっぱい使われてしまってるから、今見るとドラマでよくある話でしかない感じ。
公開当時に見るべきであったね。
とは言うものの 犯人がきちんと描かれてないからせっかくの題材がぼけてしまってなんだかなぁ〜って感じの映画なんだけどね。

2012年2月16日

さらば友よ

B0026P1KW4 さらば友よ 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
UPJ/ジェネオン エンタテインメント 2009-07-08

by G-Tools

監督:ジャン・エルマン
原作:セバスチャン・ジャプリゾ
脚本:セバスチャン・ジャプリゾジャン・エルマン
出演:アラン・ドロンチャールズ・ブロンソンブリジット・フォッセー
公開:1968年
製作:フランス

10代の頃と20代の頃、2回ぐらいは観てるのだが、最後に観てから20年以上は経っているワケで、ラストシーン以外はほぼ覚えていないっていう状況で見てみた。古い映画だけになんともあっさりした映画である。
アラン・ドロンはやっぱりかっこいいね。
チャールズ・ブロンソンは男臭いし。そうそう、かなり昔に流行った「うーんマンダム」、あれって大林宣彦監督が撮ってるんだね。
今さらながら見てみた感想なんだけど、おもしろいっていう映画とはほど遠いけど、歴史に残る映画ってことで感慨深いね。

2012年2月14日

60セカンズ

B0009Q0K0K 60セカンズ ディレクターズ・カット版 [DVD]
ジェリー・ブラッカイマー
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-01-25

by G-Tools

監督:ドミニク・セナ
脚本:スコット・ローゼンバーグ
出演:アンジェリーナ・ジョリーニコラス・ケイジ
公開:2000年
製作:アメリカ

エレノア

車好きなら見なくちゃいけない映画なんだろうね。ってことで何回目かの視聴。
イタリア車もいいけどやっぱりアメ車もいいねぇ。
初代マスタングも好きだけど、ワタクシは2代目が好き。

これが2代目。

2代目マスタング

「バニシングin60″」で使われたもの。
確か、ドラマの「チャーリーズ・エンジェル」でもケリーが乗ってたような気がする。かっちょいいねぇ。

2012年2月13日

きみに微笑む雨

B003JKUN2S きみに微笑む雨 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2010-07-23

by G-Tools

監督:ホ・ジノ
脚本:ホ・ジノ
出演:チョン・ウソンカオ・ユアンユアン
公開:2009年
製作:韓国

「八月のクリスマス」とか「春の日は過ぎゆく」とか「ハピネス」とか見ていたホ・ジノ監督作品だってんで見てみたんだけど。
もひとつだったなぁ。

2012年2月10日

甘く、殺伐とした恋人

B000Y4DJ5A 甘く、殺伐とした恋人 [DVD]
ソン・ジェゴン
ポニーキャニオン 2008-01-25

by G-Tools

監督:ソン・ジェゴン
脚本:ソン・ジェゴン
出演:パク・ヨンウチェ・ガンヒ
公開:2005年
製作:韓国

サスペンス風のラブコメなんだけど、サスペンス部分もコメディ部分も…っていうか、ほぼもすべてにおいてもひとつって感じが否めない。もちろん主役の男優も女優もね。設定自体はおもしろいんだけどなぁ。残念。