2011年10月30日

ハピネス

B001PFNWXQ ハピネス [DVD]
エイベックス・マーケティング 2009-04-03

by G-Tools

監督:ホ・ジノ
脚本:ホ・ジノ
出演:イム・スジョンファン・ジョンミン
公開:2007年
製作:韓国

内容は大したことないけど、イム・スジョンがかわいい。
箪笥を観て、アメナナカノ青空を観て、サッド・ムービーを観てそんでそんでこれを観たってワケ。
韓国映画はそんな感じで観るのがいい。
・・・・・・って思う。

2011年10月29日

下妻物語

B0001M3XHO 下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉 [DVD]
中島哲也
東宝 2004-11-26

by G-Tools

監督:中島哲也
原作:嶽本野ばら
脚本:中島哲也
出演:深田恭子土屋アンナ荒川良々
公開:2004年
製作:日本

なんてったって大好きな映画の1本。ロードショーで5回ぐらい観て、DVDで5回以上は観てるかな。
1年以上観てなかったんで、久しぶりに観たくなったってワケ。
やっぱりこの映画はいいわぁ。大好きだ。
みんな観れっ!

2011年10月22日

食べて、祈って、恋をして

B005DJOZ2W 食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2011-08-24

by G-Tools

監督:ライアン・マーフィー
原作:エリザベス・ギルバート
脚本:ライアン・マーフィージェニファー・ソルト
出演:ジュリア・ロバーツハビエル・バルデム
公開:2010年
製作:アメリカ

長い。とにかく長くて。
ジュリア・ロバーツが出てるんで観たんだけど、なんだかなぁ〜っていうのが感想。まったく彼女の魅力が感じられない。「食べて」って食べることがテーマのひとつでもあるのに、食べてるシーンとかが美しくない。おいしそうに見えないのも問題だね。ジュリア・ロバーツの食べ方が美しくないっていうのもあるかもしれないけど。
映画はなんか「食べて」部門、「祈って」部門、「恋をして」部門に分かれているってな作り方。それってどうなん? って思ってしまった。
公開時、観ようかなあ〜と思いつつ逃してしまったんだけど、感は当たった・・・って感じ。

2011年10月20日

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

猿の惑星 創世記

監督:ルパート・ワイアット
脚本:リック・ジャッファアマンダ・シルヴァー
出演:ジェームズ・フランコフリーダ・ピント
公開:2011年
製作:アメリカ

スマステの月イチゴローで吾郎ちゃんが「よくできたお猿のCG映画」とか「猿の表情が豊かすぎる」と言ってたけど、まさにその通り。それなりにいい映画だとは思うんだけど。猿が賢そうに見える反面、ジェームス・フランコがどこからどうみても賢く見えないのも問題のひとつ。娯楽大作としては飽きずに最後まで観られるからいいっちゃあいいんだけど。

2011年10月14日

ツレがうつになりまして。

ツレがうつになりまして。

監督:佐々部清
原作:細川貂々
脚本:青島武
出演:宮崎あおい堺雅人
公開:2011年
製作:日本

宮崎あおいはやっぱしいいなぁ。写真とかCMなんかで観るよりもずっといい。
堺雅人もいい。
映画としては・・・・・・。
悪いわけじゃないんだけど、豪華なキャストで作った長時間ものの再現ドラマを観たってな感じ。

2011年10月13日

恋する履歴書

B003QUCYBY 恋する履歴書 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-08-04

by G-Tools

監督:ヴィッキー・ジェンソン
脚本:ケリー・フレモン
出演:アレクシス・ブレデルザック・ギルフォードマイケル・キートン
公開:2009年
製作:アメリカ

ラブコメなんだけどコメディ部分がまったく笑えない。笑いのセンスがないくせにコメディにしちゃダメでしょっていう見本みたいな感じ。でもって、男との愛なのか家族愛なのかその辺がきっちりしていないので焦点がぼけちゃってて何が言いたいのかよくわからない。特にラストの主人公の選択がまったくもって理解できない。
マイケル・キートンがいいおっちゃんになっていたぞい。

2011年10月12日

みんな私に恋をする

B003BVBVI0 みんな私に恋をする [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2010-07-14

by G-Tools

監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン
脚本:デヴィッド・ダイアモンドデヴィッド・ウェイスマン
出演:クリステン・ベルジョシュ・デュアメル
公開:2010年
製作:アメリカ

変な顔のクリスティン・ベルって思ってたけど、個性的な顔はキライじゃないワタクシ。なのでこの「みんな私に恋をする」を観てみたワケなのだが。
うーん。
なんかお子ちゃま向けって感じでどうにも楽しめなかった。残念。

2011年10月 7日

パソコンでテレビ録画

パソコンでテレビを録画しようかなぁと思って1年ぐらい。
2番組予約ができるハードディスクレコーダーが2台あるからそれほど必要ないかなぁと思っていたんだけど、ふと買ってみた。
ワタクシの持っているパソコンはMacBook。それにWindows7をインストールして使っているからチューナーはUSBのタイプでないとダメ。いろいろ考えたけどTS抜きのできるタイプが便利かも・・・ということで、 PLEXのPX-W3U2を買ってみた。

PX-W3U2

このPX-W3U2には取扱説明書もB-CASカードもついていない。なので、まずはB-CASカードの入手から。B-CASカードは発酵している株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズで発行してくれる(サイトは→コチラ)。サイトには故障や紛失、破損などで再発行してくれる・・・と書いてあったけど、実際に連絡してみると何も聞かれることなく発行してくれた。送料込みで2,000円であった。

さらにはこのPX-W3U2は、視聴するためのソフトも録画するためもソフトもついてない。なので自分で入手する必要がある。「るなねっと♩」さん(参考にしたURLは→コチラ)や 「Vladiのブログ」さん(参考にしたURLは→コチラ)や「ぬるま湯さん」(参考にしたURLは→コチラ)を参考にして視聴するためのソフト「TVTEST」、予約録画するためのソフト「TVROCK」(入手は→コチラ)を設定した。

かなり試行錯誤しながら設定して地デジ、BS、CSの4番組録画ができるようになった。
ただし、録画した番組を見られるのはパソコンだけ。これは不便。
なのでテレビでも視聴できるようにネットワークメディアプレーヤーも買ってみた。
買ったのはプリンストンテクノロジーのデジ像「PAV-MP1」である。

PAV-MP1

説明するまでもないけど、ネットワーク上にある動画や静止画をテレビで視聴できるってもの。このデジ像にUSB接続したハードディスクの動画や静止画も視聴できるのである。

PAV-MP1で

MacBookのPX-W3U2で録画したテレビ番組を、デジ像を利用して居間にあるテレビで再生しようとしているところがこれ。ちょっと動作がもっさりした感じはあるけど、けっこう便利。

すべての設定が完了したら、4〜5年前ぐらいに買った日立のHDDプレーヤーが故障した。修理に来てもらったところ基盤交換だそうで3万円ぐらいする・・・とのこと。ダビング10には対応してないけど、使いやすくてHDDの容量が多くて気に入っていたけど修理しないことにした。3万円出すんならもうちょっとの出費で新しいのが買えるからねー。分解してハードディスクを取り出して、パソコンの外付けHDDとして使うようにした。
残念なのは、録画してあった20本近くの映画。まぁWOWOWで録画した番組なんでまたやるからいいっちゃあいいんだけど。


-----------------------------------------------------------------

B0052RNE7M PLEX 地上デジタル・BS・CS 3波対応 USB接続TVチューナー ( PX-W3U2 )
PLEX

by G-Tools
B002WQ6SZQ プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1
プリンストンテクノロジー 2009-11-20

by G-Tools

2011年10月 4日

アンフェア the answer

アンフェア the Answer

監督:佐藤嗣麻子
原作:秦建日子
脚本:佐藤嗣麻子
出演:篠原涼子佐藤浩市山田孝之加藤雅也大森南朋
公開:2011年
製作:日本

おもしろそうだな〜と思ったこと、前作を観ていることなどから観に行ったのだが。
はっきり言ってつまらなかったぁ。前作もけっこうひどかったが、今回は前回よりもかなりひどくてがっかり。
「あなたは、誰を信じるか?」みたいなキャッチで釣ったらそんな目で見てしまうから、はじまった時点で犯人がわかってしまう。それを避けるためか、いくつかのどんでん返しを準備しているんだけど、そこいら辺もすべて考慮してあるから何が起きてもやっぱりね・・・ぐらいしか思わない。でもって、その人物が怪しくないように白っこい台詞を映画中に言わせてるからそこで「あれ?」って余計に思ってしまって。
だらだらと長めに作るよりももっとコンパクトにまとめた方がよかったんじゃないかなぁ。

 

2011年10月 3日

探偵はBARにいる

探偵はBARにいる

監督:橋本一
原作:東直己
脚本:古沢良太須藤泰司
出演:大泉洋松田龍平小雪
公開:2011年
製作:日本

だらだらと長くてちょっと飽きてしまった。大泉洋のことはキライなわけじゃないが、この映画ではミスキャストなんじゃないかなぁ〜と思った。ソレと・・・・・・。小雪。あぁもうダメだ。彼女が出てくるだけで笑けてくる。