2011年5月29日

アジャストメント

movie-adjustment

監督:ジョージ・ノルフィ
原作:フィリップ・K・ディック
脚本:ジョージ・ノルフィ
出演:マット・デイモンエミリー・ブラント
公開:2011年
製作:アメリカ

観る前から絶対にムリがあるだろうなぁ〜と思っていて、そのムリをどうやって意識させないか、もしくはそれもアリなんじゃねーのって思わせるのが演出だ・・・などと思っていたんだけど。
ムリムリ。
あまりにも説得力がなさ過ぎてビックリ。
運命って大々的に言ってるけど、運命ではなく赤い糸の話なんだね。
つっこみどころが満載っていうか、呆れどころって感じかな。
ルールが後付けのご都合主義でまったくもって納得できない。
マット・デイモンの無駄遣いだね。

2011年5月28日

プリンセス トヨトミ

princesstoyotomi01

監督:鈴木雅之
原作:万城目学
脚本:相沢友子
出演:堤真一綾瀬はるか岡田将生
公開:2011年
製作:日本

原作を読んでないからなんとも言えないが、・・・・・・って映画と原作は違うものでもかまわないって思ってるから関係ないっちゃあ関係ないんだけど。映画としてはダメだね。だってありえなさすぎなんだもん。ありえない話でもそれはそれでアリなんだろうって思わせる演出ならいい。でもそこまで行きついてないからダメ。大阪全停止・・・街からすべての人が消えているシーンがあるけど。新世界とか、引っかけ橋の所とか、大阪城とか、大阪人以外の人の方が多いはず。となると、すべての人が消えるわけない・・・とかさっ。
綾瀬はるかが走っているシーンはスバラシイ。スローモーションとか使って胸がゆさゆさしているシーンが多々あって。あれってサービスカットなんだろうねぇ。あそこらあたりでスローモーションとか使う理由ってソレしか考えられないからねぇ。
ぴっちり横わけ鼻でか兄さんがぴっちり横わけにしてないのがよかった。
大阪で撮影していたんだからもっと大阪の芸人とかいっぱい出てくるのかと思ってたらまったく出てきてなくってちょっともの足らないなぁ〜なんてね。
そんなことどうでもいいことなんだけど。

2011年5月24日

シーサイドモーテル

B00428LRPI シーサイドモーテル [DVD]
メディアファクトリー 2010-11-26

by G-Tools

監督:守屋健太郎
原作:岡田ユキオ
脚本:柿本流守屋健太郎
出演:麻生久美子成海璃子小島聖生田斗真山田孝之
公開:2010年
製作:日本

同じ場所で起こっている4つの物語。少しずつ関わりを持っているんだけど、引き込まれるほどじゃないんだな〜。
ちょいちょいでてくるコミカルな演出が鬱陶しい。
麻生久美子は昔はキライだったけど、今はけっこうはまってるかも。顔はまったく好みじゃないんだけど、しゃべり方とかウマいんだかウマくないんだか微妙な感じの演技にも惹かれている。
そうそう。
声がいいと言えば成海璃子。あのなんかこもった感じのしゃべり方は魅力的。一時期太っていたけど痩せたみたいでどんどんキレイになっていくねー。
だら〜っと観るんだったらいいんじゃないの・・・って感じ。

2011年5月23日

八日目の蝉

movie-youkamenosemi.jpg

監督:成島出
原作:角田光代
脚本:奥寺佐渡子
出演:井上真央永作博美小池栄子市川実和子
公開:2011年
製作:日本

テレビの宣伝だけの知識で観に行ってみたらちょっとビックリ。思ってた内容と違ってた。
どんな感じ? って言われたらいい映画なんじゃないかな。

ただ、最近のワタクシの傾向としましては、こういった家族とかを扱った映画を観てしまうと、どうも自分と比べたりしてしまうことが多々あり、単に映画を鑑賞したっていう範疇を超えて自分の過去や現在、思っていることなんかと照らし合わせてみたりしたりしてみたりあーだこーだ。だから、けっこう客観的には観ていないんじゃねーの・・・って感想もあったりするわけで。

この映画で、劇団ひとりが井上真央に「親になってみたら親のありがたみがわかるようになる」・・・的なことを言っていたわけなんだが、そこで親になってみたら親のありがたみよりも親の子供に対するエゴがわかるようになってしまうってこともあるよねーなんて思ってしまい、まさに自分がソレで、な〜んにも考えずに「親になったら親のありがたみがわかる」って思えてる人と自分がどこでどう違ってきちゃったんだろう・・・なんて、これまでずっと思っていた疑問などがまたまた出てきたりして。

後半、特にだれた感じ(小豆島のシーンが長すぎ)があったので余計にそんなことを思っていたのかもしれない。
いや、それにしても市川美和子の個性的な顔は大好きだ。

2011年5月22日

恋愛ルーキーズ

B003M401H8 恋愛ルーキーズ [DVD]
ケンメディア 2010-08-04

by G-Tools

監督:トッド・フィリップス
脚本:トッド・フィリップススコット・アームストロング
出演:ビリー・ボブ・ソーントンジョン・ヘダー
公開:劇場未公開(2006年)
製作:アメリカ

ビリー・ボブとジョン・ヘダーが出てるんでおもしろいに違いないってことで観てみたけどっ。
あららら〜。
なんかおもしろくない。っていうか、かなりおもしろくない。それぞれの役の設定がぶれぶれなんだよね。だから説得力がないんだな。どたばたとかのコメディはいいんだけど、やっぱり主人公とそれを取り巻く人達の設定をきちんとしとかなくちゃ。

2011年5月18日

キック・アス

B004IEB0BC キック・アス DVD
東宝 2011-03-18

by G-Tools

監督:マシュー・ヴォーン
脚本:ジェーン・ゴールドマンマシュー・ヴォーン
出演:アーロン・ジョンソンクリストファー・ミンツ=プラッセニコラス・ケイジクロエ・グレース・モレッツ
公開:2010年
製作:日本

マイノリティが活躍するって体だけど、制作側はマイノリティでは決してなく、理解さえしておらず、マイノリティをバカにしているということを作品が物語っている。マイノリティの頑張りを笑いを含めながらリスペクトするって感じではなく、マジョリティ側がマイノリティってこんなにバカなんだよって感じで笑いを取るっていう手法。なので見ていてかなりの不快感を覚えてしまった。こういった作品はキライだ。

クロッシング

B004CFBRR4 クロッシング [DVD]
Happinet(SB)(D) 2011-03-04

by G-Tools

監督:アントワーン・フークア
脚本:マイケル・C・マーティン
出演:リチャード・ギアイーサン・ホークドン・チードルウェズリー・スナイプス
公開:2010年
製作:アメリカ

重たっ。重たすぎ。こんな重たい映画はもっと短くなくちゃいけない。132分は長すぎる。
邦題が酷いね。エンディングのちょっと手前で3人が交錯する部分がクロッシングってか?
いやぁそれにしてもイーサン・ホークはこういう役が合ってるねぇ。そうそう、久しぶりにリリ・テイラーを見た。
観て酷い映画だとかは思わないけど、とにかく疲れた。ふぃぃ〜。  


2011年5月14日

ゾンビランド

B0042XAH8Q ゾンビランド [DVD]
Happinet(SB)(D) 2011-02-04

by G-Tools

監督:ルーベン・フライシャー
脚本:レット・リースポール・ワーニック
出演:ウディ・ハレルソンジェシー・アイゼンバーグアビゲイル・ブレスリン
公開:2010年
製作:アメリカ

短い映画なんだけど、なんか冗長な感じでだらだらと長い映画に思えてしまった。もっとおもしろくできる作品なんだけどなぁ〜。コメディ部分ももひとつだし。
ルールを作ってそれに則ってどうのこうの・・・っていうんならルールをすべて出そうよ。主人公をもう少し詳しく描こうよ。
多少楽しめたけど、残念というしかない映画であった。  

ダーリンは外国人

B003UEDLL8 ダーリンは外国人 [DVD]
メディアファクトリー 2010-10-08

by G-Tools

監督:宇恵和昭
原作:小栗左多里
脚本:大島里美
出演:井上真央国仲涼子大竹しのぶ
公開:2010年
製作:日本

原作とはまったくと言って違うものになってるんだね。
単なるラブコメになってしまっているから、単にありきたりな映画になってしまってる感じ。
井上真央ってかなり好みの顔なはずなんだけど、なぜかキュンとこないのは・・・・・・なぜなんだろ? 自分でもよくわかってないや。

2011年5月10日

SP THE MOTION PICTURE‎ 革命篇

sp-kakumei01.jpg

監督:波多野貴文
脚本:金城一紀
出演:岡田准一真木よう子堤真一
公開:2011年
製作:日本

テレビドラマからずっと観ているから理解できたけど、この映画だけ観てもなんのことやら分からないことが多すぎるんだろうな。
お金はかかっているって感じはするけど、映画にするほどのこともなかったかな・・・っていうのが正直な感想。前作の野望編も同じような感想だったような気が。ただ、前作を観た時にはこのブログはお休み中だったので、はっきりどういった感想を持ったかは覚えてないんだけどね。映画はやっぱりきちんとメモしておかないと忘れてしまうなぁ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SP 野望篇 DVD特別版 SP 野望篇 DVD特別版

ポニーキャニオン 2011-04-23
売り上げランキング : 259

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOX SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOX

エイベックス・マーケティング 2008-07-02
売り上げランキング : 646

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2011年5月 9日

運命のボタン

B003Z7DF7U 運命のボタン [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2010-10-22

by G-Tools

監督:リチャード・ケリー
脚本:ショーン・マッキトリックリチャード・ケリーダン・リン
出演:キャメロン・ディアスジェームズ・マースデン
公開:2010年
製作:アメリカ

そうなんだ。SFなのか。もっとサスペンスとかそういった感じの映画かと思っていたよ。
いやぁ、それにしてもなんか置いてきぼりをくらった感じ・・・だな。
キャメロン・ディアスはやっぱりポップでキュートな役の方が似合うなぁ。