2010年6月29日

告白

告白

監督:中島哲也
原作:湊かなえ
脚本:中島哲也
出演:松たか子木村佳乃岡田将生
公開:2010年
製作:日本

「下妻物語」でずっきゅんと打ち抜かれたワタクシは、中島哲也ファンと言っても過言じゃないだろう。

「嫌われ松子の一生」はそれほど好きじゃなかったけど、撮り方とか見せ方はキライじゃなかった。でも、「下妻物語」と実はそれほど演出が変わってないんじゃない?・・・とか思ってそれ以降を期待していた。

「パコ」はどうしても観られなかった。観たいという気にもならなかった。

なのでこの「告白」が3作目。
演出の仕方とか撮り方とか選曲とかはやっぱり好き・・・だな。

でもなんだろ。
この映画は重すぎだなぁ。
メディアっていうのはある程度人に影響を与えるってことを考えたら、この映画は作っちゃダメだったんじゃないのか? R15指定されてるとはいえ、DVDで発売されちゃえば買うことも自由だしレンタルで観ることもできる。15歳以下が観たらいったいどんな感じなのか。

いや、そんな堅苦しいことを言うつもりはないし、影響を受ける方が悪いんだとも思うんだけど、ワタクシは映画はやっぱりハッピーでなきゃって思ってるから。

主演の松たか子と木村佳乃。
ワタクシはこのふたりを昔から頬骨系って呼んでいるんだけど・・・なんでなんとなく似たふたりをキャスティングしたんだろうって・・・それが不思議。

ままま、そんなこんなで観てよかったと思うし、監督の撮り方はやっぱり好きだなと思えたのもよかったんだけど、でも、もいちど観る気にゃあなれませんな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kyoro.airfish.in/mt-tb.cgi/552

コメントする