2009年10月31日

アドレナリン

アドレナリン [DVD]ジェイソン・ステイサムがけっこう気に入ってるから観てみた映画。
おー。
すごすぎる。
おもしろすぎる。
よくぞこんな映画を撮ってくれました。
よくぞこんな映画に出てくれました。
って感じ。
ずっと笑いっぱなしだったもん。この映画はコメディだな−。
ただ残念なのはちょっと中だるみがあるってこと。あと、もっとはっちゃけたらいいのにっていう物足りなさ。ここまでやったんだからさー、もっとやっちゃえやっちゃえってな、そんな感じ。
まま、でも観てよかった映画ではある。続編もあるんだね。っていうか、こないだロードショーしてたんだ。ぜんぜん気づいてなかったよ。はやくDVDが出ないかな−。絶対に観るんだもんね。


応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ


2009年10月30日

きみがぼくを見つけた日

きみがぼくを見つけた日あわわわわー。
うっわー。
レイチェル・マクアダムス・・・ネ申
「あぁ、結婚生活」を観たときにかわいいぞこの娘って思っていたんだ。やっぱりね。ワタクシの目に狂いはなかった。
それにしてもかわいすぎる〜。まちがいなく四天皇だ。ん・・・となると誰が四天王の座から転がり落ちるのか。レイチェル・ワイズとアン・ハサウェイは不動の位置にいるからジェニファー・コネリーかリヴ・タイラーか。ジェニファー・コネリーとリヴ・タイラーは最近おもしろいのんに出てないからなぁ。だからその2人を外しておいて三天皇ってことでまとめようかなぁ。エヴァ・グリーンを入れちゃおっかなーとか思うものの、彼女は最近映画で見かけないしな。って、そんなことはどうでもいい。
とにかく彼女がかわいいんでタイムパラドックスとか気にせずに観ることができたのだ。ってそれが映画の感想かよっ。ぺっ。
こういった映画はやっぱりクソ。タイムパラドックスとかいっさいムシしてそんなことしていいのーってな内容ばっかり。だいたい日本語タイトルの「きみがぼくを見つけた日」がダメだよね。
でもレイチェル・マクアダムスが出てたんで○。「ぼくがきみを見つけた日」なのである。いっぱい見なくちゃ彼女の映画。てへ



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月25日

12人の優しい日本人

12人の優しい日本人 [DVD]2度目。
「十二人の怒れる男」を観たんでも一度これを観たってワケ。っていうか、この「12人の優しい日本人」を観たから「十二人の怒れる男」を観たっていうのもあるんだけど。
やっぱりおもしろいね。
ただ、「十二人の怒れる男」が90分ぐらいと短かったことに比べてこちらは120分近くある映画。初見の時はおもしろかったぁって思ったけど、アチラを観てからだとちょっと長いなぁ〜なんて感想を持ってしまった。
まっいろいろ感じるところもあるけど、観て損する映画じゃない・・・と思う。


応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月24日

あなたは私の婿になる

あなたは私の婿になるやっぱりラブコメはいいなぁ。
そんでもってサンドラ・ブロックもいい。
それほどサンドラ・ブロックは好きってワケじゃないんだけど、ラブコメ、ロマコメ部門での彼女はやっぱりいい。最初は無骨で男顔で好きになれないんだけど、映画がススムごとにかわいらしく見えてきてなんかいい感じ。絶対に彼女はラブコメ、ロマコメ向きだと思うんだな。
この映画もそんな彼女の魅力が満載の映画。ちょっともの足らない部分とか、説得力のない部分とかあるんだけど、まっ脱力してみるにはいい感じの映画なんだなー。お金を払ってみても損した気分にならない映画。誰にでもオススメってワケじゃないけど、ラブコメ、ロマコメ好きなら、定番中の定番って感じのストーリーではずれなしって感じ。
ワタクシは好きだな、こんな映画。てへっ。



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月23日

カレー大全 カレー伝道師の160話

4062156229カレー大全 カレー伝道師の160話
講談社 2009-08-28

by G-Tools

インド料理のノウハウ的な感じかな・・・と思って買ってみたけど、それだけじゃなく、日本のカレーの由来とかそういった知識も書かれていて参考になったけど。もうちょっとインド料理っていうかアジアのカレーの奥深いものがほしかったかなっていうのが感想。けっこう厚めで持ち歩くのが邪魔だった。家で読めよそれならっていう気もするけどね。 まっでも楽しく読めたのでっす。


応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

2009年10月22日

十二人の怒れる男

十二人の怒れる男 [DVD]以前、三谷幸喜の「12人の優しい日本人」を観て、なんかすごい映画だなって思い調べてみたら元ネタがあり、それがこの「十二人の怒れる男」だってことを知って観たかったのだが、いざ観ようとすると白黒だしなぁ〜とか、きゅんってしたいとか、そういった感情がなんか邪魔してなかなか観られなかったんだがやっと観ることができたのである。
いろいろな意味ですごいなぁ。
十二人の男達の会話だけで映画を成り立たせようって考えたこともすごけりゃ、それを実現させたこともすごい。内容もおもしろかったし。それよりも自分が産まれる前から陪審員制度があったアメリカって国もすごいなぁ〜なんて思うんだな。
観てて思ったのは、「guilty」と「not guilty」って言葉。これを「有罪」と「無罪」と訳すから、議論に対する考え方が難しくなるんで、「有罪」と「not有罪」っていう訳があるならもうちょっとわかりやすくなったような。いや、なんかうまく言えないけど、裁判制度は有罪無罪じゃなくって有罪か有罪じゃないかを争うんだってこと。
演技がすごく古くて自然に話しているっていうより、演技してますって感じだから、ヘンリー・フォンダが演じている問題提起する裁判員もちょっと胡散臭いぞって感じちゃうのはいたしかたがないのかも。これを観て「ニューオリンズ・トライアル」なんかを見直してみるとまた違ったおもしろさが発見できるかも。「12人の優しい日本人」も観なくちゃね。
あと、もうちょっとあの時代のアメリカの差別主義とかについても知っておきたかったなって思うな。


B00005HNT412人の優しい日本人 [DVD]
パイオニアLDC 2000-10-25

by G-Tools


B0002B5A7Aニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 プレミアム・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2004-07-23

by G-Tools


応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月19日

ライトスタッフ

ライトスタッフ [DVD]20代の頃やっているのを知っていて観たかったんだけど観られず今日に至る。で、それを思いだして観たのである。
なんじゃこの映画〜。
ひどすぎ。ダラダラと長すぎて観るのに疲れちゃった。内容が濃くって長いならいいんだけど、なんか必要のないシーンが長くて、必要だって言うシーンが短くて、監督の能力疑っちゃうよなーって感じ。終わってみても一体全体何がいいたかったのかよくわかんない。アメリカの宇宙飛行士の英雄物語なのか、宇宙飛行士はこのように政治的に利用されちゃったんだよってな内容なのか、宇宙飛行士になれなかったパイロットもいるんだよとか、奥さんはこれほど悲しんだんだよってな内容なのか、どれにも絞れてなくって、どれもだらだらだらだら紹介しちゃうもんだからねー。っていうか、宇宙飛行士も7人もいるんだからさぁ、誰かに絞りゃあいいのに、絞る人、絞らない人、ちょっとだけ見せちゃう人みたいな感じでなんかもの足らないし。
あぁ時間のムダをした〜。



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月18日

俺たちステップ・ブラザーズ

俺たちステップ・ブラザーズ -義兄弟- コレクターズ・エディション [DVD]よかった〜。久しぶりにおもろい映画を観たって感じ。
ジャド・アパトーの絡んだ映画なのだが、彼はこの映画では製作のみ。「奥様は魔女」を監督したアダム・マッケイが、監督、製作、原案、脚本を手がけている。でもって主演の、ウィル・フェレルとジョン・C・ライリーが原案に加わっている。
ウィル・フェレルは前々から大ッキライで彼が出ているだけで観たくなかったけど、なんか最近そうじゃなくなってきちゃった。不快な感じなんだけど、やっぱりうまいんだよなぁ。でもっておもしろい。彼が出てるってだけで観なかった映画を観ようかなぁ〜なんて思ったのである。
ジャド・アパトー系のオバカムービーを観たかったんだけど、ここのところオバカよりもなんかマジメ路線が多い感じで少しもの足らなかったんだけど、この映画はすばらしい。この路線がいいんじゃねーのって思うんだけどなぁ。



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月17日

幸せになるための27のドレス

幸せになるための27のドレス<特別編> [DVD]キャサリン・ハイグルはひじょーにかわいい。
ってことで彼女の出ている作品をチェックしているワケなんだが、この作品もひっじょうにかわいいっす。ラブコメがすごく似合うなぁって思うのだ。こんな映画にどんどん出りゃいいのに。
物語自体は、それなりに楽しめたんだけど、ちょっと足らない感じ。そのひとつにキャサリン・ハイグルが恋する役の男性がある。最初に恋する上司ももひとつだし、あとで好きになるライターももひとつ。ライターの方はなんか根暗顔だし不潔感があるし・・・。どっかで観たことあるなぁって思ったら、な〜んだ、X-MENで目から光線出しまくっちゃってるサイクロップス君じゃありませんくわっ。やっぱり女性の魅力だけじゃだめだねーって思うんだな。
あぁワタクシ・・・やっぱりラブコメ好きだなぁ〜って再認識したのである。再認識どころじゃないんだけどね(^^)v



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

気遣い

昨日は休みだったので同居人と散歩がてら買い物に行った。2時間近く歩いてかなり遠くのスーパーに行って帰りは電車で帰ってきたんだけど、そのスーパーでの話。そのスーパーにはオープンカフェみたいなんがあって、喉が渇いたんでアイスコーヒーを飲んだんだけど。

アイスコーヒー

見た目に量が違うのだ。これはないなぁ。別に文句を言う気もないけれど、ふたりで頼んだらやっぱり同じ量にしなくちゃ。それが気遣いってもんじゃないのかなぁ。そんな小ちゃなことから店の客層が変わるのになぁ。わかってないなぁ。

我が家の近所に惣菜屋さんがあって、色々種類があっておいしいからよく利用してたのだ。でもひとり女性店員がすごく生意気でなんかヤだなって思っていたらその人クビになったのかいなくなっちゃった。で、客が減ったからか店の改装をして総菜の種類を減らして再オープンして、こんどはオーナーが店に立ったんだけど。そのオーナーが横柄って言うかなんか上から目線で話すし、平気で店の商品を客の前でつまみ食いするし、気に入った客か常連か知らないけど、平気で他の客の前でおまけとかしてるし。こりゃダメだなぁ〜って思って行かなくなったんだ。でも毎日のように店の前は通るんだけど、案の定。最近は店もガラガラになっちゃった。
オーナーならやっぱりちゃんと考えなくっちゃ。あなたの店はおいしくて種類が豊富だから人気があったのに。だからいい感じの店員を雇えば絶対にもっと繁盛したのに。そのオーナーはどちらかというと見た目が不快な感じ。いつも不愉快そうな顔しているし(笑っていても不愉快そうなのだ)、普通にしていても不潔感がある。だから彼が店に立っているだけでマイナスなのになぁ。たぶん1年後にはもうなくなってるだろうなって感じなのである。よく客に対してエラそうにする店ってことで有名になっているところがあるけど、ワタクシはそれは間違っていると思うんだよなぁ。やっぱり客は大切にしなくちゃ・・・ネ。


2009年10月16日

禅が教えてくれた「悩む力」

4837977898禅が教えてくれた「悩む力」 (知的生きかた文庫)
三笠書房 2009-05-20

by G-Tools

禅の考え方とワタクシの考え方とちょっと似ているところがあるかなーなんて思って何冊か禅の本を読んでみたけど。
確かに似た考え方はあるけど、違うところも多くて。でもソレに感化されるワタクシなわけもなく。なるほどな〜ふーん・・・と読み進めて行き、なんとなく飽きてきちゃった。読んでいて楽しくなくなってきた。そんな感じ。
さて、次は何の本を読もうかなー。楽しめる本がいいよね。



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

2009年10月15日

REC:レック/ザ・クアランティン

レック/ザ・クアランティン [DVD]なんかちょっと怖い映画を観たくなって借りてきた映画がコレ。スペインで制作されたのがオリジナルで、それのリメイクだということで、どっちを借りようかなーと思ったんだけど、とりあえずリメイクのアメリカ版を借りることにした。おもしろかったらスペインのオリジナルも観ようかなーなんて思って。
たぶんおもしろくないだろうなーって思いつつ、少しの期待をしていたわけなんだが・・・・・・やっぱり(x_x) ブレアウィッチとまったく同じじゃん。撮り方も進め方も終わり方も。ブレアウィッチを観たスペイン人がスペインで撮って、それを観たアメリカ人がまたマネしちゃったって感じ・・・かな? とにかく目新しさもおもしろさも怖さもまったくなく、ありきたりのイベントがありきたりの場面で起きて、ありきたりのラストシーンを迎えて終わりましたって感じ。あっ子供が化けもんになったときは、あまりの演技下手になんか笑っちゃったけど。ダコタちゃんなみの子役を用意しなくちゃねー。
ただ、スペインじゃすごい人気だそうで、「2」ができたみたい。どうしようかなー。スペイン版も観ることにしようかなー。よすべきかなぁ。


こちらがオリジナル版だ!

B001F9R75GREC/レック スペシャル・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) 2008-11-28

by G-Tools


応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月14日

JUNO/ジュノ

JUNO/ジュノ<特別編>よく言えば個性的、悪く言えば(悪く言うっていうのもおかしいけど)マイノリティのジュノ。周りが理解してくれているところがすごくいい。
産まれてくる子供を養子に出すという部分で倫理的なこととかもあるけど、そこをどろどろだらだらと表現するのではなく、淡々と表現したところもいい感じだと思う。

考えてみれば、ジュノとワタクシの娘は今同い年なんでそういった意味でも興味深く観たけど、ワタクシも万が一そうなっちゃったら冷静に受け止められるんじゃないかなって思えたな。たぶん一瞬はショックを受けるとは思うけど、娘を理解できると思うし、この先どうすればいちばんいいかって冷静に考えられるんじゃないかなーってこの映画を観て思ったよ。


日本人の生命観―神、恋、倫理 (中公新書)日本人の生命観―神、恋、倫理 (中公新書)

シュメル神話の世界―粘土板に刻まれた最古のロマン (中公新書) 漢和辞典に訊け! (ちくま新書) 独学の精神 (ちくま新書) お葬式―死と慰霊の日本史 「生きづらさ」を超える哲学 (PHP新書)

by G-Tools


応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月13日

しゃべれども しゃべれども

しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]そこに着地しちゃうんだ〜っていうのがいちばんの感想。せっかくそれなりに話をまとめてきたのに、いちばんやっちゃいけないオチで終わったって感じ。
れほど内容は好きじゃなかったから、おもしろくないなって思っていたから、ラストはどうでもいいんだけど、そこだけは持って行っちゃダメでしょっ。くどいほど書いちゃうけど、とにかくラストですべてだめにしちゃった典型の映画だな。
いや、しかし・・・主役の国分太一はうまいなぁ〜。役者としてもまったく問題ないなって感じ。ただ、彼の坊主頭は最後までどうもしっくりこなかったな。香里奈に関しては好きじゃないからどうでもよかったけど。
前日に観た「落語娘」よりはよかったんじゃないかな〜、いや一緒ぐらいか〜、とにかくもうちょっとどちらもおもしろくできたんじゃないかな〜っていうのが感想である。


456964483X[入門]落語の楽しみ方
PHP研究所 2005-08-25

by G-Tools


応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月12日

落語娘

落語娘 [DVD]え〜っ。
これタイトルからダメだろ。
落語家をめざす女性の奮闘物語と思って観たらなんだこりゃーって感じ。
ひどいねぇ。
どの人も魅力的に描かれてないから、誰にも入り込めないし。だから物語に全く説得力がないんだよなー。
「しゃべれどもしゃべれども」を観ようかとも思ったんだけど、これを先に・・・かな・・・なんて思って観たけど。
大失敗。
何人かむちゃくちゃ演技下手が出ていて、演技下手っていうよりヒドイのが2人ぐらい出ていて、そいつらが話すごとになんか笑っちゃって。最初は、わざとそんな演技にしてるんかと思ったらどうもそうでもないみたいで。誰かとのバーターで出演できたとか・・・そんなんかなぁ。



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月11日

F1の秘密―マシンの超技術から、レースの裏側まで

4569668720F1の秘密―マシンの超技術から、レースの裏側まで (PHP文庫)
PHP研究所 2007-07

by G-Tools

ってな本を見つけたんでさっそく購入。
読んでみたけどけっこう知ってることが多かった。でも、フジテレビの解説があまりにも稚拙でしょうもないから、けっこう解説とかが多いレース以外のシーンは飛ばしてみることが多いからなんで○○なのかとか思ってることがあったんだけど。それなりに参考になったとです。2年前の本なのでレギュレーションとか違う部分もあるけど。
フジだけに限らずスポーツ中継で思うのは、アナウンサーがニッポンニッポンうるさいこと。それと自分の感情を入れちゃってるからなんかうっかり間違った知識が入ってしまう可能性があるんだな。もっと淡々と放送してほしいものである。



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

2009年10月 9日

僕の彼女はサイボーグ

僕の彼女はサイボーグ スペシャル・エディション [DVD]きゅん! ってしたかったのでっす。
この映画、映画館で観てそれからDVDでも観て・・・全部でもう4回目・・・かな。
ぬぉぉ。
あほじゃんって言われるかも知れないですけど、好きなんですばいこの映画。タイムパラドックスがどうの・・・とか、ターミネータのマネが云々とか言われていようと、いいんですたい。ワタクシの胸がきゅんってなるから好きなんですよっ。えぇえぇスキなんですよ。
昨日は同居人が遅くなること知ってたから観たんだけど、観てる最中に帰ってきて、観てるの知られ“ぷっ”ってされた〜。いいじゃん、人がどんな映画好きでもさっ。
あーきゅんっとしたぁ〜。



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月 8日

その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(下)

4764822016その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?下 (SCREEN新書)
近代映画社 2008-08-31

by G-Tools

先日、上巻を読んだので下巻も買って読んだ。こちらは1981年から2007年までのゴシップなどが書かれている。かなり知ってる話なども多かったんだけど、裏話までは知らないことがけっこうあって興味津々で読ませていただいた。でもやっぱりゴシップ系にはあまり興味がないみたいで、読んだ瞬間はなるほど〜とか思ってたけど、読み終わってみるとけっこう忘れてるわっ。誰と誰がつきあっていたとか、誰と誰が結婚していたとか、誰と誰が婚約破棄したとか・・・同居人にも教えてあげようって思ってたんだけど、教える前に忘れちったい。おもしろくすぐに読み終えることができたんだけどねー。


映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)

〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (映画秘宝コレクション) ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判 (映画秘宝COLLECTION (20)) ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判 3 (映画秘宝COLLECTION 37) ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判〈2〉 (映画秘宝COLLECTION) USAカニバケツ

by G-Tools


応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

2009年10月 7日

宇宙戦争

宇宙戦争 [DVD]このブログでも何度も書いてると思うけど、最近のスピルバーグはおもしろくない。そんなことをずっと思っていて映画館に観に行ってやっぱダメじゃんって思ったけど久しぶりにDVDで観ちゃったこの映画。ダメじゃんって思う映画は何度観てもやっぱりダメじゃん。
笑っちゃうあの機械が登場するシーンの緊迫感とかはスピルバーグはやっぱりすごいなーなんて思うんだけど、目とか顔とか震えとか・・・ものすごい演技をしているダコタ・ファニングにあれだけ叫ばしちゃうるさいだけになっちゃうじゃん。演技のうまさもかき消されちゃうよー。トムちん、演技ではダコタ・ファニングにはまったくかなわないんだね。悲しいねトムちん。なんてことはいいんだけど、あの機械はなんかおもしろくて笑っちゃうね。それと機械の肛門にトムちんが出し入れされるとこ、あれもおかしくっておかしくって。そんな笑えるシーンがなかったらこの映画はほんとにクソだな。ぷぷぷぷー。


応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月 6日

カッコーの巣の上で

カッコーの巣の上で ― スペシャル・エディション [DVD]この映画も何度も観ている映画である。
何度観てもいい映画はいいよねー。

ネタバレで書くんで観る前の人は読んじゃダメだぉ。
この映画のすばらしいところはハッピーエンドなところ。暗い重たいテーマなんだけど最後に希望が感じられるところがいいねー。ラストシーンの夜明けの薄暗さの中を明るい方向に向かって走っていくってすばらしいシーンで終わるところがすごくスキ。
ジャック・ニコルソンの演技もすばらしい。ルイーズ・フレッチャーもすごい演技ですばらしい。脇役も味のある人がいっぱい出ていて、何度観てもほんと心が癒されるし、微笑ましいし、でも悲しいし重たいし。

特に昨日は、自分の仕事っていうか実習でイヤな想いをしたから(詳しくは・・・→コチラ)、なんかちょっと同じようなニオイっていうかなんていうか、ブルーの入った状態で観たから余計に入れたのかも。
とにかく好きな映画の1本である。


応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月 5日

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (デジタルニューマスター版スペシャル・エディション) [DVD]ドイツ映画。
アクションコメディロードファンタジームービーっていうようなジャンルになるんかな。ただ、コメディに関しては、まじめなんだけどちょっと笑いを入れるって感じにしたかったんかコメディとして作ったのかは・・・うーんどっちなんだろ。ファンタジー色がもうちょっと強ければ、荒唐無稽のところ・・・警察とかギャングとかがあまりにもバカすぎるとか、あれだけ撃ち合いしてるのに1発も当たらないとか、崖から落ちてるのにかすり傷とか・・・もありなんだけど、そこまでファンタジー色が強くないから、警官とかギャングのシーンに説得力がないっていうかだめじゃーんとか思っちゃうんだなー。だからあまり出来はよくないな・・・としか言えないや。
でも90分って短かったし、だーっとテンポよく流れていったから、観て損したとかそんな感じではないんですな。


日本でもリメイクされましたなー。

B001I91A06ヘブンズ・ドア プレミアムBOX (初回限定生産) [DVD]
ポニーキャニオン 2009-07-15

by G-Tools



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月 4日

都合のいいとこだけいただきまっす

禅、「あたま」の整理―悩んだ僧侶が見出した、自分を見つめ直すヒント (知的生きかた文庫)禅、「あたま」の整理―悩んだ僧侶が見出した、自分を見つめ直すヒント (知的生きかた文庫)

by G-Tools

最近、ちょっと禅に興味がいっているワタクシ。このような本を読んでみた。すべてに納得できるワケじゃないけど、けっこう考え方がスキだったり、ワタクシと似ていたりする部分があるから気になってるんだけどね。ただ、すべてに共感できるワケじゃなく、おいしいとこだけ「この考え方スキだなぁ」っているわけなのでっす。



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

2009年10月 3日

そばかすが地球を廻す

テレビ東京の「元祖!大食い王決定戦」を観た。予選と決勝戦と両方なんでものすごく長いから録画して3日ぐらいかけて観たのである。
結論としてはロシアン佐藤かわいいでーい。
何がかわいいってそばかすなんだなぁ。
「テレビでそばかすのアップばかりが写ってたからドキドキしたよー」って言ってたら同居人が「大食いの番組なんだから口元のアップじゃ」って言うんだけど、ワタクシそれは気づいてなかった。ホントにソバカスのアップばかり撮ってらーって思ってたんだ。
ワタクシホントソバカスズキ。
それに気づいたのはここ5年ぐらい・・・かな。
あぁそばかすはいいなぁ。そばかすっていうその言葉の響きもいいし、書いたときの感じもいいぜ。
そばかすそばかす。
あぁそばかすそばかす。


応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

セイ・エニシング

セイ・エニシング [DVD]観たかったセイ・エニシングを観ましただす。
何度も何度も観てるけど・・・好きだなぁ。
やっぱりキャメロン・クロウ監督は女優をすごくキレイにかわいく撮す達人だなぁ〜とつくづく思う。この映画に出ているアイオン・スカイは最初の方はそれほどかわいくないんだけど、物語がススムにつれてものすごくかわいらしくなってくるんだな。「ザ・エージェント」のネニー・ゼルウィガーも「エリザベスタウン」のキルティン・ダンスト、「あの頃ペニー・レインと」のケイト・ハドソンもみんなそう。「バニラ・スカイ」の ペネロペ・クルスはもちろん言うまでもない。ちなみに「シングルス」は2回ぐらい観てるけどあんまし覚えてないや。
キャメロン・クロウの映画は人の本質を見抜いている感じがすごく好きなんだなぁ。彼はマイノリティなんだろうなっていう感じがわかるのも好き。



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ

2009年10月 2日

秋の訪れ

予定外にも10月に入った。こないだ2009年がはじまったばかりなのにもう10月。時の経つのが早すぎるのだ。10月っていやぁ秋だ。秋。秋と言えば紅葉。紅葉の写真を撮ろうとちょっと早めに仕事に出る。ひとつ前の駅でおりて公園を歩く。

イチョウ

イチョウが青々としてて黄色くなってない〜。まったく。まったく。
そろそろ涼しくなってきたからって思ったけど、これっぽっちも紅葉はしてないんだねー。っていうか朝顔とか咲いてるし。
そういや、昼間はまだ暑いもんね。仕事してたら汗だくだくだもんなー。
紅葉の写真が撮れないなら落ち葉の写真だなーって思ったんだけど落ち葉もなし。落ちてる葉は枯れたもんばっかりだ。今年ははやめに涼しくなると思ったんだけど。



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

2009年10月 1日

エリザベスタウン

エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]心が病んだときにはキャメロン・クロウの映画を。ってなこともないんだけど、無性にキャメロン・クロウ作品が観たくなって「エリザベスタウン」を観たってワケ。
この映画はもう5回目ぐらいかな、観るの。何度観ても選曲がいいって感じるし、曲が流れるタイミングもバッチリ。スバラシイって感じるんだよなー。でも、映画としての完成度は低くて、キャメロン・クロウがやりたいこと、言いたいこと全部を詰めちゃったって感じ。そこまでしなくてもさーっていっつも思うのである。でも好き。
この映画のすばらしいところは、キルスティン・ダンストの演技。彼女のこと、顔が不快だから大ッキライだったんだけど、この映画を観てすごくかわいらしくて、すごく演技がうまくて、顔は未だに好きにはなれないけど、イヤじゃなくなっちゃったんだなぁ。
とにかく、キャメロン・クロウの映画は、彼のいろいろな想いが詰まってていて、それにいちいち共感できるから、ワタクシ大好きなのである。あぁセイ・エニシングが観たくなっちゃった。


セイ・エニシング [DVD]セイ・エニシング [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-01-26
売り上げランキング : 22863

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 映画ブログへ