2009年7月15日

人間失格

人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))こないだ読んだ「ボッコちゃん」に続いて中学校時代に読んだ「人間失格」を読んでみる。なんかカラフルな装丁で平積みしてあったから買ってみたって感じ。
中学校時代に卒業論文があって「太宰治論」って書いたのを覚えてるなぁ。春からずっと太宰治を読み続けて夏休みには太宰治について書いてある文献を図書館に行って調べる・・・みたいな。今考えてみると中学生にこんなことやらせてよかったんかって感じ。あのとき太宰をたくさん読んだからこんなへし曲がった人間ができちゃったんじゃないか・・・みたいな。ものすごく明るくて陽のパワーを持ってるけど人嫌いで人見知りするけどそれを知られたくないから道化を演じてる・・・ってなそんなワタクシ。太宰の部分とバカボンのパパの底抜けな陽とが同居しているワタクシ。人間失格とか読まなけりゃ自分が人嫌いだとか気づかなかったかも。卒論は太宰だけじゃなくほかの作家でまとめてもよかったんだけど、太宰を選んだのがワタクシなんだから・・・やっぱりそうなっちゃう運命だったんだろうなぁ。それに、もし読まなかったとしても中島義道とか読んだらきっと同じ匂いに気づくはずだもんなー。
とにかくずっとあちゃーって思いながら読んだのである。


応援のクリックをお願いします → にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kyoro.airfish.in/mt-tb.cgi/194

コメントする