2009年2月27日

CASSHERN

以前、ロードショーで観ていて、もう二度と観ることはないだろうなって思っていたんだけど、同居人が仕事でどうしても観なくちゃいけなくなったのでおつきあいで観たのである。
すごく気合いが入って作っているのはわかるんだけど今時反戦映画ってねぇ。しかもこれだけ映像で見せられてるのにすべてナレーションとか役者の口から説明付きって・・・。ちょっとクドすぎ。
伊勢谷友介のしゃべり方ってどちらかと言ったらヘタなんだけど映画によっちゃすごく味が出るのに、この映画じゃ単にヘタクソにしか聞こえないし。それと麻生久美子。この人っていろいろな映画に出てるからよく観るけど、何度観ても単なるヘタクソにしか感じないんだよなぁ。せっかくいい映画もこの人が出てるとなんかしらけちゃう・・・みたいな。なのにいろんな映画にかなり出てる。なんでなんだろ? プロダクションが強いのか? それとも彼女が気に入られてるのか? 気に入られているとしたらそれは何故? ワタクシにはそれがわからないんだよなぁ。

SUPER COLOSSAL

「カンブリア宮殿」という番組(→公式サイト)を毎回観ている。気になっていたのが番組のオープニングで流れる曲。
調べてみるとJoe Satrianiというギタリストの「CROWD CHANT」という曲らしい。でもって「SUPER COLOSSAL」というアルバムに入っているっていうことがわかった。
レンタルショップを2軒ぐらい回ってみたけど置いてなかったので買っちゃった。

好きな感じのギターだけど、飽きるかも。でも1枚だけじゃわかんないな。だからもう1枚ぐらい買ってみようか・・・などと思っていたりする。

2009年2月26日

7つの贈り物

7つの贈り物ウィル・スミス好きってワケでもないけど、でもよくよく考えてみると・・・けっこう彼の作品は観ている。だから観に行ってきた。それほど期待はせずに。
もうなんていうか、あまりにも酷い映画なんでビックリ。どれだけマイノリティ(マイノリティっていうか、この映画に出てくる何人かの人たちなんだけどね)に対して上から目線なんだよって激しい怒りを覚えてしまった。単に酷い映画っていうだけですむ問題じゃあない。それぐらい酷い映画なのに、それを観てすすり泣く観客の多いことにさらにビックリっていうか、なんでこんな内容で泣くことができるんか・・・などと久しぶりにいろんなこと、いろんな面から考えさせられた映画である。死ぬ場面があればな〜んも考えずにヒーンって泣けちゃうような・・・そんな人間に生まれなくってホントよかった。
こんな映画は大っキライだ。
エンドタイトルを観ていたらプロデューサーにウィル・スミスの名前が。・・・ってことはウィル・スミスにとって、こんな感じが“いいこと”って思ってるワケか? そうだとしたらウィル・スミスにかなり失望・・・だな。

2009年2月23日

ノーバディーズ・フール

ノーバディーズ・フール [DVD] 同居人が久しぶりに観てみたいっていうから借りてみた映画。ちなみにワタクシは初見である。
常に人生を楽しく生きようとする老人とその周りの人たちの生活を描いた映画なんだけど、他人事じゃなくってすごく共感できたんだなぁ。あれほど周りの人に好かれてないけど・・・サ。やっぱり人生は楽しまなくっちゃいけないのだ。
いや・・・それにしてもポール・ニューマンはいいねぇ。もう亡くなっちゃったけど。ジェシカ・タンディももういないんだね。そう思うとなんかちょっと複雑な感情がわいちゃうけど。メラニー・グリフィス、ブルース・ウィリス、フィリップ・シーモア・ホフマン・・・と名優がいっぱい出ていて、みんないい感じで。10年後にもう一度観たいな・・・などと思ったのである。

2009年2月22日

少年メリケンサック

宮崎あおい・・・むっちゃかわいいねぇ。それだけで元がとれるって言って過言じゃないほど全編通してかわいまくりちぎり。
だけど、クドカン演出はなんかくどすぎ。やらせすぎ。そんな感じで疲れちゃうんだなぁ。宮崎あおいを使って思いっきり遊んだ・・・って感じなんだよなぁ。つまんない映画じゃないんだけど、もうちょっと抑えた感じもあってよかったんじゃないの・・・なんて思ったのである。



少年メリケンサックオフィシャルブック
DVD「少年メリケンサックはこんな感じ 」

2009年2月20日

感染列島

感染列島 スタンダード・エディション [DVD] 親子愛なんだか感染なんだか恋愛なんだかアジア訪問紀行なんだか枝葉が多すぎてどれが主題って感じの映画。
そんな中からワタクシがこの映画のテーマとして読み取ったのは以下のふたつ。
まずひとつめ。人がたくさん死んで、街が荒廃してたいへんなことになっていてもドコモのケータイはちゃんと通じるんだよ、だからドコモを持っておくのがいいんぞっ。
そしてふたつめ。主役級はキレイに死ぬけど、そうじゃない人は血まみれで汚〜く死ぬからみんな人生の主役級になろうねっていうこと。
うーむ奥深い映画である。

2009年2月16日

ラスベガスをぶっつぶせ

いやいやいや〜。これもヒドイ映画だねー。ホントにあった話らしいけど、そこに付け足したお話がきっとひどいんだろうねー。頭の悪い人がこいつらこんなに頭がいいって感じで描いた脚本っていうか原作なんだろうなって感じ。ぜんぜん説得力ないし、頭がいい人たちがやってるはずなのに頭悪すぎなんだもん。やってることや出てくる人すべてが頭悪すぎて、イライラさせられるんだよ。あぁ時間のムダをしてしまった。

2009年2月15日

噂のアゲメンに恋をした!

ジェシカ・アルバ見たさに借りたDVD。
これって一時期宣伝してたけど劇場公開したんかな? したら観に行こうと思ってたんだけど、いつの間にかDVDで発売されてたってな感じ。
ジェシカ・アルバはけっこうこういったラブコメが似合うんだねー。ダークエンジェルみたいなシリアスなんより軽いラブコメの方が似合うんじゃないかな。オススメできるほどの映画じゃないけど、ジェシカ・アルバが好きなら・・・まままいいんじゃないって感じだ。

2009年2月14日

20世紀少年−第2章−最後の希望

20世紀少年−第2章−最後の希望1作目を観たから2作目も観に行った。
なんだろうな?
映画を観たっていうよりも検証してたっていうか、登場人物よく似てる〜・・・みたいな・・・そんな感じ。
3作目もたぶん観るんだけど、映画としておもしろそうとか、期待してるとかそんなんはまったくないんだよなー。



20世紀少年 第一章 終わりのはじまり

2009年2月12日

クライングゲーム

クライング・ゲーム DTSスペシャル・エディション [DVD] まったく前知識なく観た。この映画の存在すら知らなかった。観て衝撃を受けた。衝撃って言うよりビックリだな。
はじめはお堅い政治的な映画と思っていたら、ラブストーリーなんでビックリ。人間の性(さが)について描いた映画で、すごくストーリーとか秀逸なんだけんど、この世界観はワタクシにはムリ。侮辱しているとか、軽蔑するとかそんなんはなく、ちゃんと認めているんだけど、だめだ、引いちゃうんだなー。はっきり言って苦手なんだな。はぁ〜観ていて息苦しかったよ。

2009年2月11日

レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで

レボリューショナリーロードあうぅあうぅ。
すんげー映画だ。前評判をほとんど聞くことなく見に行ったんだけど。いや、重たい映画だよ・・・っということだけは聞いてたっけな。
ケイト・ウィンスレットが好きなんでこれは絶対に観なくちゃねーって思って見に行ってきたんだ。
映画の真ん中あたりまではいい感じだー、一般ピーポーへの皮肉がすごくいいね〜かんばれーがんばれーってな感じで見てたんだけど。ぐぉっ、そっちに話が行っちゃうんかよっ。大衆がクソで精神を病んでる人がまともでって・・・そんな世間への皮肉を言いたいためならそっちに話を持ってかなかくってもよかったじゃーん。なんだかんだ言ってレオ様がいちばんダメ役なんだねー。ケイト・ウィンスレットの眉毛は芸術品だなーなんて観てる余裕やなくなっちゃったよ。
あぁ疲れた。ワタクシまで燃え尽きちゃったよっ。



2009年2月 9日

ブラックサイト

ブラックサイト [DVD] 観る前からきっとおもろくないんだろうなって予感がしてたんだけど、やっぱりおもしろくなかったお墨付きの映画でありんす。
犯人の動機もなんじゃそりゃ〜って感じだし、ネット犯罪捜査のエキスパートであるFBIの捜査方法もなんじゃそりゃ〜って感じ。ラストシーンなんて、アクセスしている場所とかGPSとか・・・そういったところから割り出すんじゃなくって、単に写っていた場所を刑事が知ってたからってだけの解決方法だし。しょぼ。
ダイアン・レインはこういった役はあわないよなぁって思うのはワタクシだけ???

2009年2月 8日

バンテージ・ポイント

バンテージ・ポイント コレクターズ・エディション [DVD] この見せ方をしたかったから作ったのねっていうような・・・そんな映画。10分〜15分ぐらいの間の出来事を視点を変えて何度も何度も90分ほど見せられるのである。その見せ方だっておぉぉすげぇとか思わないし。ありきたりだしねー。
いやいや、はじまった瞬間に犯人わかっちゃったし。それはいいとして、そいつが犯人ならここまでひっぱらなくって、ここの舞台にたつまえに終わらせてられるだろっていう感じ。ストーリーがひどいなぁ。
それとすごい仰々しいことやってる割に、犯人たちは実行部隊しかいないのんか・・・とかね。言い出したらキリがない。えっシガニー・ウィーバーそれだけなの?

2009年2月 6日

愛の予感

愛の予感“THE REBIRTH” [DVD] 脚本、監督、主演が小林政弘。彼の日記を読んでいたワタクシは、この映画をその日記の中で知った。なのですごく観たかった映画なのである。
実際に観てかなりびっくり。おぉ商業ベースに乗せないっていうか乗せる気のない映画。こんな映画、おもしろいっていうヤツはそうそういないよなーとか、賛否両論とかありそうだけど絶対に“否”の方が多いんだろうな・・・などと思いつつ観てたんだけど。ワタクシはそれなりにおもしろかったけどな。せっかくいい感じだったんだけど、最後の歌がだめだなー。台詞なしでずーっと演技と設定だけで心の移り変わりとかを表現してたのに。観客にそれをすべてゆだねてたのに。最後にわっかりやすい説明がつくんかよって感じ。あの歌がすべてをだめにしちゃった気がするのはワタクシだけ・・・かな。多くにオススメできる映画では・・・ないな。

2009年2月 3日

007カジノロワイヤル

007カジノロワイヤル映画館でも見てDVDでも観て、これで4回目ぐらいなんだけど、「慰めの報酬」を観て、もいちど物語のつながりを観たくって観たってワケ。
そう思ってたけど。
でもどうでもいいやー。エヴァ・グリーンよすぎ。最初の1時間は出てこないからつまんないんだけど、後半はもうぐいぐい。えぇえぇぐいぐいでっす。
それにしても新しい007はいいなぁ。ぜんぜんシリーズがっていうか、内容っていうかキャラが変わっちゃったけど・・・賛否両論未だにされてるみたいだけど、ワタクシは今のボンドはかなり好きだ。



007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション (3枚組) [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(2008-12-19)
売り上げランキング: 4550

2009年2月 1日

MacBookも復活

なんか最近、じわじわ姫ちゃんがきている。おもしろいとかそんなんじゃなく姫ちゃんがぐぐっと心にしみてきている。あのしゃべり、あの動き、なんかすごくねー、ありえなくねー。
しょうもないとか言わないの♪
で、そんなことはいいんだけどMacBook。なんかOSXが起動しなくなっちゃったのだ。Bootcamp側のWindows Vistaはまったく問題なし。でも、Macはまったく起動しない。くっそー。いろいろ調べたけどどうもハードの具合が悪いみたい。後でつけた500GBのハードディスクが不良のようなのである。なので元のディスク250GBに戻すことにした。500GBは交換してくれるってことなので、ケースでも買って外付けとして利用することにした。
メモリ
とりあえずすべて純正に戻してってことで、メモリも4GBから2GBに戻してみた。
MacBookの裏
初期のハードディスクは何もせずにはずしたのでOSはそのまま入っているはず。それを利用しようとしたのだが・・・。あれっ、こちらは故障してないからすぐに立ち上がるはず。なのに立ち上がらない。
何度やっても起動しない。ずっとずっと考えてわかった。起動ディスクがWindowsになっていたのだ。そっか。あれってハードウェアで管理してたんだ。こちらのディスクにはWindowsをインストールしてないから、自動的にOSXから起動すると思っていたよ。OSが入ってなくてもそちらが選ばれていたらそっちから起動しようとするんだぁ。なるほどね。500GBのハードディスクが調子悪くなって、起動をWindowsからに変えていたんだった。・・・ということで、Optionキーを押しながら起動して事なきを得た。
それからMac用のソフトなどをインストールし、BootcampでWindows Vistaをインストールし、そちらの環境も整え終わったのが夕方である。
さて、Fusion2はどうしよう。確かにMacOS側から再起動をせずにWindowsが起動できるから便利っていや便利だけどストレスを感じるほど遅いんで・・・でもってここっていうとこでエラーが出たりしてたのでせっかく買ったけどインストールするのやめとこうかな・・・なんて。500GBから250GBにハードディスクも小さくしたことだし。よけいなソフトはインストールするのやめとこかなって。

一段落をし、MacBookの調子も上々。なので、年明けから撮りためていたアグリー・ベティを3本連続で見たのである。



復活っちゅうか生還っちゅうか

大げさに書いたけどそんな感じ。
月曜日、体の不調を感じて早引けしてきたんだけど、家に帰ると体温が37度から38度に変わるぐらいの・・・そんな感じ。おおさぶって感じで布団に入って寝る。それからが地獄のはじまりだった。

次の日、もう起きられない。体温は38度7分ぐらい。やっべ、本格的な風邪だ。おとなしくしとかなくっちゃ。っていうか、おとなしくしないのがムリってぐらいフラフラ。ずっと寝てる。風邪ぐらいで病院に行くのはって同居人に言われて・・・確かにその通り。だってオレ強いもん。負けないもんねー。

水曜日、体温は39度台に。病院に行こうかとも思ったけど、ここは意地。自分で絶対に治してやる・・・などと思ったような思ってないような・・・とにかくフラフラ、何やったんだか何を思ったんだか覚えてないや。

木曜日。そろそろ治るだろうって思っていたらまだ39度台。解熱剤がまったく効かないや。っていうか効いてるから39度台なんだろうか。うーむ。病院に行こうかって思いながらも、ここまで意地張ったんだから行きたくないよぉ。もう治りかけだったらもったいないじゃん。などと思いつつ。

金曜日。まだ39度台だ。もう39度台に飽きた。って昼からちょっと寝て起きたら身体中びしょびしょ。おぉぉ寝汗だ。寝汗。こいつぁ絶対に下がってるっていうか、もう下がってる感じだよ、身体が。身体を拭いて着替えて測ってみたら37度8分。すんげー。すんげー。37度8分ってそれなりの熱なのに、なんか平熱以下みたいな感じ。治ったーなどと思っていたらまた38度台に逆戻り。でも39度台には戻らない。ふふふ。

土曜日。きゃっほー37度ジャストだ。下がった下がった。39度で生活してきた人間にとって37度なんてほんと子供みたいなもんだ。ちょろいちょろい。ずっと寝てたからまっすぐ歩けないけど、なんかちょろい。あぁでも頭がガンガンする。

日曜日。今日。治ったー。36度台。平熱だ。喉の痛みも消えている。むほほむほほ。さっそく外に出なくちゃ。買い物しなくちゃ。油断は禁物だけど。

久しぶりの外はなんかすごく懐かしくって目新しい。ほほに当たる風も目に飛び込む風景もこれまで知ってたのとなんか違うんだよな。すごくクリアなんだな。色合いが鮮やかなんだな。ちょっと感動。ん〜やっぱり人間は外にでなくちゃいけないんだな、ずっと家の中じゃ腐ってくっていうのがよくわかったよ。

ところでこの1週間は単なる風邪だったんだろうか? それともインフルエンザ?
そうそう、それと金曜日にちょっと体温が下がったときにMacBookを触ってたら、クラッシュしたんだよなー。で、昨日から復旧させてたってワケ。詳しくはまた今度。