2008年12月24日

252 -生存者あり-

252こんな無駄なお金の使い方があっていいんだろうか・・・みたいに思ってしまった映画。テレビ局主体の映画はなんていうのかなぁ・・・映画好きが作っているとは限らないからこうなっちゃうんだろうな。儲け主体っていうかさ。
海猿の1本目がそこそこおもしろかったから、そんな感じの映画なんかなーなんて観にいったんだけど。まったくもってそんなことなくって。まっ製作したテレビ局も違うからかってにそんなこと思って見たワタクシが悪いんだけどねっ。
主役のマジックマッシュルーム君がかっこよく撮られてないんだもんなー。ラストシーンなんて、かっこよく撮って泣かそうって思ってたんだろうけど、どう見てもギャグになっちゃってて声を出して笑いそうになっちゃったよ。それとシーンシーンで泣かそうとするのは辞めてもらいたい。テーマがはっきりしなくなってしまって映画自体がダメになるから。
って、監督は誰って思ったら「舞妓Haaaan!!!」の人なんだ。あの映画もハイテンションすぎてメリハリがなかったもんな。今回も感動させようって魂胆が見え見えでメリハリがなくなっちゃった。
東京を地震と台風が同時に直撃って広げた風呂敷は広いけど、実際には新橋界隈のみで、それも知り合い同士が偶然出会っちゃうっていうような狭~い範囲のお話。設定があり得ないことだらけでちょっと笑っちゃった。くすっ



『252 生存者あり』+『252 生存者あり episodeZERO完全版

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kyoro.airfish.in/mt-tb.cgi/70

コメントする